Latest Posts

不動産投資をするための業者の選び方のコツとは

不動産投資をする時は業者を利用して物件を購入したり、管理をしてもらうのが一般的になります。現在では不動産投資に対応してくれる業者は複数存在しているため、どのようなところを選択すれば安心して不動産を運用することができるのか分からない方もいるでしょう。選び方のコツがあるので、それを参考に業者選びをされてみてはいかがでしょうか。

選び方のコツとして挙げられるのが滞納保証サービスなどが充実しているかどうかです。不動産投資のリスクは入居率の低下や滞納があります。もし滞納されてしまうと、当然部屋を貸している方から収益を得ることができません。投資をされる際にはなるべくリスクを少なくしたいと考えるのが一般的になります。もし少ないリスクで不動産投資をしたい方は滞納保証サービスを実施しているところを選択しましょう。滞納などのトラブルが発生した時に保証をしてくれるので、不動産投資をした方は安心して不動産を運用できます。

その他のコツとしては管理を行ってくれるかどうかです。例えば住宅周りの枯れ葉のお掃除などを自分でする時は手間がかかります。管理をしてくれる業者を選択すれば運用にかかる手間を削減することができるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産投資の種類について

不動産投資と一言で言っても賃貸できる建物は複数存在し、どのような建物を賃貸すれば良いのか分からない方もいるでしょう。きちんと不動産投資ができる建物について知っておけば、実際に不動産投資をする際に役立てられる可能性があります。不動産投資できる建物にはアパートがあります。アパートで家賃収入を得る時は一から建設するか、建設してある中古アパートを購入するかどちらかになります。アパートは学生や独身の方が住むケースが多くなっているため、基本的には大学周辺や駅周辺に建っている場所の方が入居率が高くなるでしょう。

その他の建物には一軒家の不動産投資があります。基本的に戸建住宅においては家族で生活する方が利用することになります。戸建住宅はまるで自分の家であるかのように生活することができ、また、床面積に関してもアパートなどよりも広くなるため、家族が多くいる方でも住むことができます。基本的に修繕に関しては不動産投資をした方が行うことになりますが、一つの賃貸契約で多くの収益を得ることができる点が特徴になります。

その他には駐車場があります。駐車場に関しても不動産投資の一部になります。例えば観光地や駅周辺の駐車場は利用率が高くなるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産投資のメリットについて

では不動産投資をすることによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。メリットの一つとして挙げられるのが収入を得ることができる点です。例えばサラリーマンの方が不動産投資をした場合、会社から支給される給与の他に賃貸で得た収入を得ることができます。戸建の管理を不動産などに依頼をすれば不労所得として収入を得ることができるでしょう。

その他のメリットとしては老後の年金代わりに活用できる点が挙げられます。定年退職をすれば年金暮らしをされる方は少なくないでしょう。年金はそれぞれの方で異なりますが、生活ができない程の年金しか受給することができない方もいます。不動産投資をすれば、戸建件数が多ければ多いほど、多くの賃貸料を受け取ることができますので、年金が少ない方が不動産投資をすれば年金暮らしをする際に費用面での苦労が少なくなります。

生命保険の代わりになる点もメリットとして挙げることができるでしょう。当然、人間には寿命があります。近年において平均寿命は長くなってきていますが、いずれは誰しも命を亡くすことになります。自分が死んだ後、家族の生活に対して心配を抱いている方は少なくありません。不動産投資をすれば残された家族は家賃収入で生活ができるので、自分が死んだ後の家族の生活に関する心配事を軽減できます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産投資など日本には数多くの投資商材がある

現在では貯蓄がある方だけでなく、多くの方が投資をしたいと思われているのではないでしょうか。日本には投資できる商材は数多く存在し、数多くの方が投資できるような環境が整っています。

例えば投資には株式投資があります。企業が株式を一般向けに公開をして、それを購入しその企業に投資をすることになります。株式は平日の9時から15時まで売り買いが行われ、その間は変動をするのが一般的になります。現物買いや信用買いなど株式投資と一言で言っても様々な投資方法があります。変動するためリスクが大きくなりますが、その分株価が上昇する可能性があるため、ハイリスク、ハイリターンの投資が可能です。また、口座などを持っていれば海外の銘柄に投資することができるので、日本企業だけでなく海外の企業の株を購入することもできます。

その他の投資商材には国債などの債権があります。日本の借金は国債として発行し、それを購入することで利益を得られる仕組みがあります。しかし、利回りに関しては比較的低くなっているため、ローリスクローリターンの投資になります。

現在では土地や戸建を所有している方の中には不動産投資をしている方もいます。戸建住宅とは一軒家のことになります。例えば以前から使用していた一戸建てがあるが新しい住宅を購入したため使用しなくなった方もいるでしょう。うまく活用するためには不動産投資をして賃貸として収益を得ている方もいます。

今回は戸建住宅の不動産投資について紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket