不動産の一括査定とは?おすすめの売却査定サイトも徹底比較!

不動産の売却時に欠かせないのが、どのくらいの価格で売却できるかを業者に見積もってもらう「査定」のプロセスです。

不動産の売却価格は業者の質や得意分野によって左右されるため、複数の不動産業者に査定を依頼するのがベストです。

そこで今回は、一度に複数の業者に査定を依頼できる「一括査定」について、メリットやデメリット、オススメの不動産一括査定サイトなどを分かりやすく解説します。

目次

不動産の一括査定とは?

不動産の一括査定とは、複数の不動産業者に不動産の価格を見積もりしてもらえるサービスです。

一括査定のサービスでは、相続で取得した土地や物件を売却する際に、おおよそ売却した場合にどのくらいの金額を得られるかを知ることができます。

不動産の一括査定を行うサービスは「不動産一括査定サービス」や「売却査定サイト」と呼ばれます。

具体的な一括査定サービスとしては、「リビンマッチ」や「RE-Guide」、「IESHIL」などが実績豊富で有名です。

不動産売却のときに一括査定を行うデメリット

複数の業者に一括査定してもらえる点で、不動産の一括査定サービスは非常に役に立ちます。

しかし一括査定サービスを利用するにあたっては、いくつか注意すべきデメリットもあります。

ここでお伝えするデメリットを知らずにいると、後から後悔するおそれがあります。

したがって、メリットだけでなくデメリットも踏まえた上で、不動産の一括査定を利用するか決めることが重要です。

不動産の一括査定では、下記5つのデメリットに注意が必要です。

複数の不動産会社からかかってくる電話に対応する必要がある

不動産会社に査定を依頼した場合、ほとんどのケースで会社側から営業の電話がかかってきます。

これが一括査定となると、一度に5〜10社から営業の電話がかかってくるため、その対応だけで多大な時間や労力を費やすこととなります。

頻繁に電話応対の手間が発生し、プライベートな時間や仕事に支障をきたすおそれもあります。

とはいえ、一度正式に依頼する不動産会社が決まれば、他の会社からの電話に応対する面倒はなくなります。

また、査定時に電話営業はしないように頼めば、たいていの場合メールで連絡してくれるので問題ありません。

一括査定のサービスに加盟している不動産会社にしか査定を依頼できない

2つ目のデメリットは、不動産の一括査定を依頼できるのは、利用するサイトに加盟している不動産業者に限られる点です。

たとえば、ご自身が査定に出したい不動産業者が一括査定サイトと連携していない場合は、その業者には査定してもらえません。

また、他にもっと有利な査定結果を出してくれる業者がいたとしても、そのサイトしか利用しない限りは依頼できません。

どうしても査定して欲しい不動産会社がある場合は、その業者が加盟している一括査定サービスを利用しましょう。

契約のためにしつこく電話したり実態よりも高く査定する悪質な業者もいる

一括査定という仕組み上、中には悪質な不動産会社に当たってしまう場合もあります。

たとえば、契約をとるために相場よりも高い査定金額を提示する業者には要注意です。

一見すると優秀な不動産会社と思いますが、契約後に「売れないから値下げしましょう」と言ってきて、結局査定金額では売れないケースが多いです。

安易に査定金額が高いという理由だけで依頼せず、その根拠をしっかりと示せるかを確認することが大切です。

また、一度契約を断ったにも関わらず、しつこく営業電話をかけてくるような悪質不動産会社も存在します。

こうした会社については、いち早く一括査定サービスに対処を依頼して無駄な労力をかけないようにしましょう。

査定額がバラバラで判断がかえって難しくなるリスク

複数の不動産会社に一括査定すると、査定額が業者によって大きく異なり、どれが正しいか判断できなくなるリスクがあります。

前述したとおり、中には契約を取るだけのために高くしていたり、反対に実力不足から査定額が低いケースもあります。

査定結果だけで判断できない場合は、査定額の詳細な根拠を不動産会社にお問い合わせする方法がオススメです。

根拠を示してもらうことで、妥当な判断を行えるようになります。

地方にある不動産は一括査定の対象外となる可能性がある

不動産一括査定サイトは、全国すべての場所に幅広く加盟店を持っているとは限りません。

したがって、地方都市やより田舎の場所にある不動産の場合は、一括査定の対象外となるケースもあります。

こうしたデメリットを踏まえると、複数の不動産一括査定サービスを利用するのが良いでしょう。

一括査定サービスごとに加盟店や重点を置く土地は異なるため、複数のサービスを利用すれば、田舎にある物件や土地でも査定してもらえる可能性が高くなります。

不動産売却のときに一括査定を行うメリット

デメリットが意外と多いため、「不動産の一括査定は行わない方が良いのではないか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが不動産の一括査定には、デメリットを上回るほどのメリットがあります。

不動産の一括査定を行えば、具体的に下記5つのメリットを得ることができます。

インターネット上で手軽に査定してもらえる

まず1つ目のメリットとして挙げられるのが、その手軽さです。

一括査定サイトの多くは、インターネット上から情報を入力するだけで、手軽に不動産を査定してもらえます。

わざわざ不動産会社に出向く必要なく、家にあるパソコンやお手持ちのスマホからできる点は大きな魅力です。

複数の業者に査定を依頼する手間を省ける

本来複数の業者に不動産の査定を依頼するには、それぞれの会社に出向いた上で、その都度必要な情報を記入したり、長い説明を受けたりしなくてはいけません。

一方で一括査定のサービスを使えば、一度だけ必要な情報を入力することで、複数の不動産業者に査定を依頼できます。

不動産売却の査定にかかる手間を大幅に省けるため、プライベートや仕事に浮いた時間を使えます。

無料で査定してもらえるため損しない

不動産の一括査定サイトは、提携している不動産会社から収益を得ています。

そのため、利用者側は完全無料で一括査定のサービスを受けることができます。

万が一査定結果に満足できなくても、費用はかかっていないので損しません。

価格相場を知ることができる

不動産の価格を決める方法には、明確な決まりはありません。

そのため同じ不動産でも、査定する不動産業者によって数十万円〜数百万円単位で価格が異なるケースはザラにあります。

仮に1社にしか査定を依頼した場合、最終的に相場よりも安い値段での売却となり、数百万円もの損失をこうむるかもしれません。

一方で複数の業者に一括査定してもらえば、大体の適正相場を把握できます。

相場を知ることで、適正な価格で不動産を売却でき、損失を被らずに済むわけです。

ご自身の条件を満たす不動産会社を見つけることが可能

不動産の査定金額以外にも、たとえば担当者の熱心さやメール対応の可否など、売却する人によって不動産会社に求める条件は異なります。

1社のみに査定してもらった場合、さらに条件を満たす不動産会社と出会うチャンスを逃してしまい、後から損する恐れがあります。

一方で複数の不動産会社に査定してもらえば、それだけ多くの不動産会社を比較できます。

複数の不動産会社を比較することで、よりご自身の条件に適した業者に売却のサポートを依頼できるようになるのです。

不動産一括査定の流れ

不動産の一括査定は、「手続きが大変」や「難しくて面倒」というイメージがついています。

しかしいざ行ってみると、不動産の一括査定は意外と手軽に終わらせることが可能です。

この章では、不動産一括査定の流れを手順に沿ってご説明します。

手順1:申し込みフォームに基本情報を入力

はじめに、一括査定サービスのホームページにある申し込みフォームに、不動産に関する基本的な情報を入力します。

サービスによって若干異なるものの、基本的には下記の情報を入力します。

・物件の種類(マンションや一軒家、土地など)

・所在地

・築年数

・土地面積

・建物面積

・間取り

・依頼者に関する情報(氏名や年齢、住所、電話番号など)

・希望する査定方法(机上査定と訪問査定のどちらが良いか)

・その他の要望

土地面積や築年数などの情報が分からない場合は、最寄りの登記簿謄本に記載されているので取得しましょう。

登記簿謄本を取得する手間が生じなければ、大体5分〜10分程度で入力は完了します。

手順2:売却までをサポートできる不動産会社から査定結果が届く

入力内容を送信すると、大体当日中〜1週間以内に売却までの手続きをサポートできる不動産会社から、査定の結果が電話またはメールにて届きます。

手順3:複数の査定結果から、実際に不動産売却を依頼する不動産会社を選ぶ

査定結果が届いたら、その内容を基に実際に不動産売却を依頼したい不動産会社を選びます。

先ほど申し上げたとおり、査定金額のみならずスタッフの対応や査定結果の根拠など、あらゆる要素を考慮した上で不動産会社を選ぶのがポイントです。

不動産一括査定サイトの選び方

不動産一括査定のサイトは世の中にたくさん存在し、良い業者もいればあまりオススメできない業者もあります。

不動産の査定や売却を成功させるには、優れたサイトを使って一括査定に出すことが不可欠です。

そこでこの章では、優れた不動産一括査定サイトを選ぶ2つのポイントをお伝えします。

一度に依頼できる査定数や加盟店数、対象エリアの広さを確認する

不動産一括査定サイトを選ぶ上で、特に重要なのが「一度に依頼できる査定数」、「加盟店数」、「対象エリアの広さ」の3点です。

一度に依頼できる査定数は、少なすぎるとサービスを利用するメリットは低いです。

ただしあまりにも多いと比較が困難なので、大体5社〜10社程度がベストです。

次に加盟店数ですが、こちらは多ければ多いほど、それだけ希望に合った不動産業者に出会える可能性が高いことを意味します。

田舎にあるような不動産を一括査定したい場合は、少しでも条件に合った業者を見つけるためにも、なるべく加盟店数が多いサービスを利用するのがオススメです。

対象エリアの広さについては、基本的に首都圏や地方の大都市圏の不動産であれば気にする必要はないでしょう。

ただし田舎の場合、サービスによっては対応していない一括査定サービスも少なくありません。

したがって、田舎にある不動産を売却する場合は、不動産の所在地が対象地域かどうかを必ず確認しましょう。

実際に利用した人の口コミや評判を確認する

当然ですが、一括査定サービスのホームページにはメリットや良い点しか記載されていません。

ですが先ほどお伝えしたように、どこに査定を依頼するかを検討する際には、デメリットや悪い点も考慮しなくてはいけません。

良い点と悪い点を同時に調べる上でオススメなのは、実際に利用した人の口コミや評判を確認する方法です。

実際にサービスを利用した人の口コミを見れば、良い点のみならず悪い部分も知ることができ、妥当な判断を下せるようになります。

中には、公式ホームページにてマイナスな評判や口コミをしっかりと掲載している一括査定サービスもあります。

悪い部分も包み隠さず載せている点で、そうした一括査定サービスは信頼性が高いと言えるでしょう。

オススメの不動産売却査定サイト【徹底比較】

前の章では不動産売却査定サイトの選び方をお伝えしましたが、初めての方にとっては実際に選べないという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、数ある不動産売却査定サイトの中から、オススメのサービスを厳選して3つご紹介します。

それぞれの長所や短所、オススメできる利用者を紹介するので、ぜひご自身に合った一括査定サイトを見つけていただければと思います。

リビンマッチ

運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
一度で得られる査定数 6社
加盟店数 約1,400社
対応エリア 全国
強み プライバシーマークの取得、賃貸や任意売却などのメニューも豊富

リビンマッチでは、全国各地に満遍なく加盟店を持っています。

また、通常の住居用物件のみならず、農地や土地などの売却に関しても一括査定を受け付けています。

幅広いエリア・物件に対応しているため、とりあえず不動産の一括査定をしたいという方には、リビンマッチは最もおすすめのサービスです。

プライバシーマークを取得している数少ない一括査定サービスですので、個人情報を安心して入力できる点もオススメポイントの1つです。

また売却以外にも、任意売却や賃貸、買取など、あらゆるニーズにも対応しています。

したがって、査定結果に納得いかない場合には、任意売却や賃貸など他の選択肢も検討できます。

RE-Guide

運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
一度で得られる査定数 10社
加盟店数 約700社
対応エリア 全国
強み 運営歴14年で実績豊富、投資用物件の売買ノウハウが豊富

Re-Guideは、運営歴14年を超える老舗の不動産一括査定サービスです。

一括査定に関して豊富な実績やノウハウを持っているので、安心して一括査定を任せることができます。

また、一度に得られる査定数が10社と多いながら、加盟店を700店に厳選している点も同社の特徴です。

少数精鋭の優れた不動産会社の中から、たくさんの査定結果を得ることができます。

以上よりRE-Guideは、なるべく多くの不動産業者を比較したい方や、優れた不動産会社から厳選して査定結果を得たい方におすすめの一括査定サービスです。

リビンマッチで満足いく査定結果を得られない場合に、より満足いく査定を得る目的で使うのもオススメです。

IESHIL

運営会社 株式会社リブセンス
一度で得られる査定数 3社
加盟店数 非公表
対応エリア 全国
強み 人気店からも優先的に対応してもらえる、人工知能が最適な不動産会社を選定

IESHILは、リビンマッチやRE-Guideとは少々サービスの内容が異なる一括査定サイトです。

まず特筆すべきが、人工知能(AI)が不動産に関する情報を基に、最適な不動産会社を選定する点です。

全国各地の物件や土地の相場や取引事例などを基に、AIが入力された内容を基に、最も良い査定結果を出す不動産会社を厳選します。

そのため、より満足いく条件で不動産を売却できる可能性があります。

加えて、一括査定で得られる結果が最大で3社までという点も大きな特徴です。

一見すると少ないですが、実際に売れる値段を提示する不動産会社からの査定のみを受け取れるため、不動産会社選びに失敗するリスクは少ないです。

このようにメリットが多いIESHILですが、一括査定できるのは原則中古マンションのみとなります。

中古マンションの売却査定であればIESHIL、それ以外の不動産ならばリビンマッチやRE-Guideを利用するのがオススメです。

不動産の一括査定まとめ

不動産の一括査定は、物件や土地をより良い条件で売却する上でとても有効な手法です。

どのサービスも無料で行えるため、万が一売却しないと決めても損することはありません。

「あまり満足いく値段で売却できなかった」

「高い手数料だけ取られて中々売却できない」

このような事態に陥らないためにも、不動産を売却する際には一括査定のサービスを利用しましょう。

不動産の一括査定サービスには様々ありますが、リビンマッチやRe-Guide、IESHILの3つが特にオススメです。